敬老パス制度改悪⑧…エピローグ

う~ん、わからない。
無料制度の堅持といいつつ、現行の制度そのままではなくて、75歳から無料になるのだという。堅持じゃなくて後退だろうに。
昔の70歳と今の70歳は違うんだという。今の70歳は若いんだと。しかし、自分がなってみてわかるけど、70歳過ぎたら体力がなくなる。あれれ?この道は坂道だったのかと、近所の道を自転車で走って思うこともある。10年前は気づかなかった。爺さんは爺さんなのだ。
市バスの経営状態が苦しいという。なのにシステム変更などに1億5千万円も使うという。それを回収するのに、70~74歳の100円負担による収入を充当するなら、5年もかかる。ただし逸走率20%として。逸走率50%となったら、何年かかるやら。
市バスは将来、経営状態が苦しくなるという。だけど市はJR新駅設置のために2020年度に50億円もの予算を投入するんだとか。わからん。ちなみに市バスの平成29年度決算をみると収入総額は約35億4千万円、支出総額は約34億8千万円。
交通政策の要諦は、安全・確実・利便にある。そこに経済合理性をともなうことは言うまでもない。一定の波及効果も期待される。それは大道を敷いた飛鳥時代の昔から(島本にも大道が地名として残る)現代まで変わりはない。
この観点からみて市バスはどうか。高齢者無料パス制度の後退によって利便性を失う当事者が発生する。つまり制度変更は政策の名に値しない。無料パスの設置目的は老人を外に連れ出すためだった…、つまり老人福祉だけが当初の目的だったのかもしれない。しかし既に議論されてきたように、健康寿命・介護保健・地域経済その他各方面で無料パスの波及効果は実証された。当事者が企図した以上に、無料パスは市民の足としてまちづくりに貢献してきた。
ならば、いっそのこと市バスは全市民に対しては無料にならないか。老人に対する「敬老パス」に加えて労働者に対する「敬労パス」だ。全市内を網羅するコミュニティバスだ。市バスの支出総額は年間約34億円。先のJR新駅に関する予算より低い。やってやれない額ではない。官業による民業圧迫になる?…いや、自由競争の機会は閉ざしていない。ブルネイでは教育も福祉も医療もぜ~んぶタダなのだ。空き家やシャッター通りが増えてきた今、基盤的交通を無料として市民の足を確保し、コンパクトで機能的なまちづくりを総合的に進めることを真剣に考えるべき時代ではないか。新駅を作ることは人口減少の時代にそぐわない。バスの無料化なら(民間バス路線部を除き)35万人の市民が喜ぶ。新駅で何人が喜ぶのか。(この項終り)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA