3 説明責任の果たし方(2019.09.09更新)

活動状況を広く市民に説明するために、インターネットをどのように利用しているか、各議員の状況を述べるページです。

高槻市のHPにおける選管の2019年4月14日付け新着情報「立候補の届出状況について」別紙によれば、ウェブサイト等を持っている議員は次の19名です(順不同。( )内は年齢。以下同じ)。このサイト等を通じて政治的主張や実績その他を展開しています。

吉田 章浩(58) http://www.komei.or.jp/km/takatsukiyoshida-akihiro/

五十嵐 秀城(53) http://www.komei.or.jp/km/takatsukiigarashi-h

笹内 和志(60) http://www.komei.or.jp/km/takatsukisasauchi-kazushi/achievements/

灰垣 和美(63) haigaki-kazumi.com

三井 泰之(59) http://www.komei.or.jp/km/mitsui-yasuyuki/

宮田 俊治(62) http://www.komei.or.jp/km/takatsukimiyata-syunji/

吉田 忠則(56) http://www.komei.or.jp/km/takatsukiyoshida-tadanori/

岡井 寿美代(56)   http://www.okai-sumiyo.com/

遠矢 家永子(59)  https://www.facebook.com/tunagarunetto 4

平田 裕也(33)  https://ameblo.jp/takatsukilove

宮本 雄一郎(44) http://blogs.yahoo.co.jp/miyamochi0203

竹中 健(32) http://takenakaken.net

真鍋 宗一郎(41) http://www.s-manabe.com

市来 隼(32) ichikihayato.com

江沢 由(46) https://www.ezawayoshi.com

甲斐 隆志(55) https://www.facebook.com/takashi.kai583

高木 隆太(38) https://ryuuta-takagi.jimdofree.com

川口 洋一(44) https://www.facebook.com/1110yoichi

北岡 隆浩(48) http://www.tsuu.com

一方、上記「立候補の届出状況について」別紙において、ウェブサイト等がないと記されていますが、次の8名の議員は独自で、或いは議員団として、ウェブサイト等を開設しています。ただし福井議員は昨年5月以来サイト更新がありません(2019/04/26現在)。

中浜 実(72) http://nakahama-jyagaimo.com/

森本 信之(42) http://www.n-morimoto.jp/

中村 玲子(65) http://www.jcp-takatuki.jp/

出町 ゆかり(61) http://www.jcp-takatuki.jp/

強田 純子(42) http://www.jcp-takatuki.jp/

福井 浩二(64) http://blog.livedoor.jp/seikitensin/

鴻野 潔(49) https://ameblo.jp/y19750922/

岡田 安弘(33) https://www.pictame.com/user/okayasu1986/539402050

次の議員は、それぞれのサイトをインターネットで検索しましたが、ヒットしませんでした。

高島 佐浪江(52)

木本 祐(37)

吉田 稔弘(78)

久保 隆(59)

中村 明子(44)

山口 重雄(72)

岩 為俊(77)

ちなみに、当選者のうちウェブサイト等を持つ人は34人中27名(約79%)、落選者においてはその割合は10人中7人(70%)でした。

なお、facebook, Instagram などの短文表記サイトにおいて十分論理性のある意見が展開できるのか、私たちのグループでは疑問を持っています。

木本祐議員については、芥川町2丁目16に看板(*)が掛けられており、そこに www.yu.kimoto.jp  のURLが記載されています。この看板については、2016年8月19日~21日のブログに記載しています。

このURLは、2016年8月21日もそうでしたが、2019年5月8日現在、実体がありません。実体のないURLを記載した看板であっても、高槻市選挙管理委員会により設置は許可されています。
*看板は、公職選挙法では「公職にある者の政治活動のための事務所、後援団体の事務所ごとに2枚の看板」を許しています(公職選挙法第143条16項1号)。

追記:2019年9月9日、この看板とポスターは撤去されているのを確認しました。